ワイズワン さん

賢者舎 主宰
夕方、東京の空をワインレッドに染める太陽は、その時いったいどこにあるんだろう?
そんなことをあなたは考えたことがありますか? ボクはいつも彼女のハイトーンヴォイスを聞くと、 感じるのがその日差し、明るさの根源の存在だ。

確実にそこにいるであろう彼女の存在がアコーディオンの音色とともに、疲れたボクの頭の中に差し込んでくる。

いつも、いつも、遊色と題されたこの曲が流れると東京の空を染めるモガブティック◆スパンコールの色に染まっていく。 音楽にあわせて。空の色が、そして聴く者の心が、人生がというと言い過ぎか?

織田 武 さん

フランスダイレクトスクール代表
100年前のフランス人は誰もが、この謎めいた極東の地で、自国の文化が虹色の華となって咲くとは思わなかっただろう。 日本独自の発展をとげた仏蘭西文化は、彼女の存在を通じて、彼の地に舞い降りる。このアルバムは、そんな予想外の、 不思議の国からの贈り物である。

ホラグチ カヨ さん

イラストレーター
不思議とどこか懐かしく、心にあたたかく染み込むメロディがたくさん詰まっていました。 聴いた後に幸せな余韻が広がります。

taca さん

jazz accordéoniste á paris
日本でもフランスでもないモガブティック◆スパンコール独特の世界にトリップさせてくれるアルバム。

須賀瑞穂 さん

映像ディレクター
優しくて、どこか懐かしくて、 ノスタルジックな雰囲気に きっと誰もが自分のルーツを振り返る。 彼女の声を聴いていると、 こどもの頃のような純粋な気持ちが 湧き上がるような感覚になります。

奥田 英貴 さん

サウンドクリエイター
(studio FLAVOR,Sucrette)
メルヘンチックでかわいいサウンド!! モバスパの世界がここにあります。
きっと彼女は日本とフランスの架け橋になるでしょう。


CDご注文お申し込みフォーム
お名前:

ご住所:
(例123-4567)
(都道府県をお選び下さい)

お電話番号:

メールアドレス:

ご希望枚数:

メッセージ:

*注意事項*

※入力内容にお間違いが無いかご確認下さい。
 送信完了後、数日中に担当スタッフからご連絡差し上げます。
 
<入金について>
・お振り込みの案内後、2週間以内にご入金確認出来ない場合は、  キャンセルとさせて頂きます。 ・発送先と、お振り込み名義が異なる場合は必ず先にご名義をお知らせください。  確認出来ない場合は発送出来ません。  
<発送について>
・送料は梱包材を含め「200円」となります。 ・クロネコヤマトメール便、または定型外郵便、ゆうメールのみになります。  保証がありませんので、破損等ご心配な方は宅急便の送料、着払い等ご指定下さい。 ・入金確認後、2,3日以内に発送を行っております。  それより、3,4日で商品到着予定ですが、万一、2週間を過ぎても  商品が到着しない場合はご確認させて頂きますのでお手数ですがお問い合わせ下さい。
moga-002¥1,000(tax included)
2015.04.01 on sale

mogaboutique◆spangle iTune
”ご機嫌ようご機嫌いかが”

モガブティック◆スパンコールHP
http://mogasupa.com

2stジャケットデザイン
アサイヒロミ
http://www.ha-rt.com


1. ご機嫌ようご機嫌いかが
2. Tresor d'arc-en-ciel
3. ふしぎ
4. 回転木馬
5. 雫 遊色ブローチ

モガブティック◆スパンコール
"ご機嫌ようご機嫌いかが" 収録曲 5曲目 全曲セルフ紹介
1.ご機嫌ようご機嫌いかが 作詞/作曲 モガブティック◆スパンコール 『とある異国のパレードが始まるようなアコーディオン、 フィドル、クラルネット、パーカッションの軽快な インストゥルメンタルの楽曲です!』 2.Tresor d'arc-en-ciel 作詞 モガブティック◆スパンコール 作曲 Yukio minami 『モガブティック◆スパンコール、オリジナル曲、 雫遊色ブローチのフランス語翻訳ヴァージョンです!』 3.ふしぎ 詩 金子みすゞ 作曲 モガブティック◆スパンコール 『童謡詩人金子みすゞの詩『ふしぎ』にヴォーカルと アコーディオンアレンジでの作曲!』 4.回転木馬 作詞/作曲 モガブティック◆スパンコール 『ヴォーカルアコーディオンや、フィドル、クラリネット、 コントラバス、パー カッション、エレクトロ音楽を 交えたメルヘンな楽曲です!』 5.雫 遊色ブローチ 作詞 モガブティック◆スパンコール 作曲 Yukio minami 『爽やかな瑞々しいピアノのメロディーにヴォーカル、 サックス、クラリネット、フィドル、コントラバス、 パーカッションを乗せたすべての人々に届けたい 珠玉の一曲です!!』